スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん津津@彦根

なんか最近ラーメンに飢えてるかも、ってことでチキン野郎に行ってみたわけだが、ちょっと前の写真を振り返ってみると何気にラーメン食べてた。気分的なものかな?

最近はラーメン屋の店主が気取ってます、みたいな面倒くさいお店よりも、ちょっと騒いじゃっても問題ないくらいのお店を好むようになってきてて(騒がないように努力はしてますけど、不可抗力的になってしまうことがあるので…)、2011年の夏にオープンしたのは知ってたけどなかなか行く気になれてなかったお店に、いざ行ってみようじゃないか、と行ってみた。

【米原から彦根に向かう、国道8号でも湖岸道路でもない間の道を彦根に入って彦根城の前】
津津 彦根店




関連ランキング:ラーメン | 彦根駅鳥居本駅



【お店外観】
DSC07689.jpg

【メニュー】
DSC07690.jpg
DSC07692.jpg

最初メニュー見た時に、おっ、津軽ラーメンか、じんわり旨い煮干しラーメン美味しそー、って思ったら違くて店名を冠した看板メニューの津津らーめんでしたとさ。その看板メニューに惹かれることがなかったので、オーダーしたのはこちら。

【黒玉:700円】
DSC07694.jpg
DSC07695.jpg
DSC07696.jpg
DSC07700.jpg

揚げ焦がしたネギが大量に、スープ一面を覆っている、スープ自体はあっさり醤油。それに揚げネギのコクが追加されて良い感じになってる、ってとこかな。

食べながら思ったのが、渋谷とか大井町にあるゴミラーメンと言われてるのってこんな味なのかなってこと。ゴミって貶めてるわけじゃなく、揚げネギの見た目だけでそう呼ばれてるらしいのだが、それよりもこの黒玉のほうが圧倒的に揚げネギの量は多い。実際食べていったら後半になるにつれ、ちょっと油にヤラれた感が強くなったくらい。もうちょっと箸休めになるものが入ってると良かったのかなぁ、という気がした。

個人的評価:4.5

気分が乗ったときに、他のメニューも食べてみたいかも。神座のパクリもあるし。


【津津ラーメン:680円】
DSC07697.jpg
DSC07698.jpg
DSC07699.jpg

これには標準で味玉半分がついてくるのね。味はますたにとか来来亭のと似た感じ、安心して食べられる豚骨醤油だか鶏ガラ醤油系。最近はこれ、嫌いじゃない。普通に美味しいが、普通に嬉しい。

あぁ、なんか庶民的だな。っていうか昔は何にそんな尖ってたんだろう。


一点気になったのが、メニューの金額表示。赤字で大きく書いてあるのが税「抜き」の金額で、税込は脇に小さめに書かれているのが、勘違いしやすいってことか。財布用意して行ったら予想よりちょっと高くて、計算したらようやく税抜き価格に気づいたってとこ。こういうの、紛らわしいからやめて欲しい。。。
スポンサーサイト

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

おい、このチキン野郎

って言われたら、ドキッとするよねw

【らーめんチキン野郎@彦根・ベルロード】
DSC07764.jpg
らーめんチキン野郎




関連ランキング:ラーメン | 彦根口駅南彦根駅ひこね芹川駅



【公式ブログ】
http://ameblo.jp/chickenyalow

あれ?以前書いたと思ったけど、ないな。彦根の同じ場所に以前、肉そば屋にっこうというラーメン屋があって、そこはこの辺では珍しく手の込んだラーメンを出してて、おっ、東京でも食べられるようなお店がようやく見つかった!と喜んで何度も来た。

それが先月店の前を通ったら改装工事をしてて、あらら、終わっちゃったのね、と残念がっていたのだが、リニューアルじゃなくて店主も入れ替わったみたいで、完全新規オープンしたのが、この「らーめんチキン野郎」のようだ。この辺でオススメのラーメン屋は?と聞かれたら、彦根の肉そば屋にっこうか、長浜の號tetuのいずれかと答えていたくらいなので、気になった後継店に早速行ってみた。

【駐車場は肉そば屋にっこうと同じく、隣のENEOSの裏の奥の方、このコーンが目印】
DSC07765.jpg

ちなみに食後に撮ったので人が写ってないが、自分も並んだし、その後も続々と人が並んでた。結構人気店になったのか、それとも一度は食べてみようと来た人たちなのか。多分、後者だ。というのも店先で並んでいると、車で通る人の半分くらいの人が、こっちをジロジロと見て行く。

「何だ、このチキン野郎とかいう店は?そして行列かよ」みたいな視線を浴びたので、結構みんな気にはなっているんだろうと思う。そして日本人の悲しい性、行列を見ると美味しいと勝手に判断するロジックが働くんだろうな、だったら一度は食べてみようじゃないかと。

【メニュー】
DSC07749.jpg
DSC07750.jpg

写真を撮り忘れたけど、浅草開化楼の木札が掲げてあった。六厘舎ブームで一躍有名になって、そこの社員だか何だかが炎上マーケティングをうまくやって一時期上手くいってた製麺屋。プロピレングリコールが麺の中に入っているのを、ずっと叩かれてたのをいまだにたまに思い出す。

【贅沢なこってり野郎:950円】
DSC07759.jpg
DSC07761.jpg
DSC07760.jpg
DSC07762.jpg

うひょー、濃いなぁ。濃いっていうか、もはやこれ、スープじゃないっしょ、ってくらいドロドロのスープだかタレみたいな液体が、濃い濃い。そして、めっちゃ旨い。唐辛子と胡椒を抜けるって言われたけど、むしろアクセントとしてなきゃヘビーすぎるかも、と思えるような濃さ。ちょっとヘビーと感じたのも事実、もう若くないんで。orz

「贅沢」にしたら海苔と白髪ネギと鶏チャーシューが追加になって、メンマと豚チャーシュー(何か変だなw)が増量になるのかな。アクセントが増えたことで口元に変化を呼んで食べ進めやすくなった気もするけど、いっそのこと思い切って向き合って、大盛り+ライスとかにして、最後の一滴までしっかり堪能するってのもアリだと思った。

いやぁ、重たかったけど、美味しかった。1月下旬からはつけ麺も出るみたいだけど、これ以上に濃いつけ汁になるのか、それとも全然違う路線になるのか、いずれにせよ楽しみなお店が出来た。

個人的な評価:4.7

【贅沢なあっさり野郎:900円】
DSC07755.jpg
DSC07758.jpg
DSC07757.jpg
DSC07763.jpg

こっちは細麺。個人的に澄んだ系は眼中ないし、一口食べても「じんわり旨い」という澄んだ系嫌いを覆してくれるような感動もなかったので、ノーコメントで。好みの問題だから。濃いのが嫌いな人とか通ぶる人は、こっちを推すだろうし。


ということで、食ってみろよ、このチキン野郎がっ、と店員が罵ったりすることもなく丁重な対応だったので、変なのは店名だけということで、他は良さげなお店だったとさ。一度は行ってみろよ、このチキン野郎がっ!

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

西友の新PB◎みなさまのお墨付きのしょうゆヌードル

普段はイオンカード&オーナーズカード持ちなのであまり行く機会はないけど、たまに気分転換で行きたくなるのが、西友。最近、元気になってきたみたいね。

その西友のPB(プライベート・ブランド)はGreatValueというベタベタなアメリカンのにおいがしそうなものだけど、その方向性に迷い始めちゃったみたいで、新しく「きほんのき」という価格追求型と、「みなさまのお墨付き」という品質追求型の2種類のPBを立ち上げたらしい。

【西友 - プライベートブランド】
http://www.seiyu.co.jp/pb/

で、早速カップラーメンを買ってみた。

【◎みなさまのお墨付き・しょうゆヌードル85円】
DSC07240.jpg
DSC07232.jpg
DSC07229.jpg
DSC07234.jpg
DSC07233.jpg
DSC07235.jpg
DSC07236.jpg
DSC07237.jpg
DSC07238.jpg
DSC07239.jpg

ちょっと香ばしい醤油のかおりが特徴かな。でもそれも普通と言われると普通な気もしなくはないし。味も取り立てて美味しいというわけでもなく、でもまずいというわけでもなく。

PB系ではセブンプレミアムの中華そばがお気に入りで、次いでカップスターとほぼ一緒のトップバリュの醤油という好みの中で、そこまでは全然来てないけど、じゃあベイシアの安いPBとの違いがわからなくて、どこの店だかすらわからないような怪しい激安品の美味しくなさもない。

この新しいPB「◎みなさまのお墨付き」は、『調査対象者の70%以上の方から「非常に良い」もしくは「良い」と評価された製品のみを商品化しております。』ということなんだけど、その評価基準が「非常に良い / 良い / 良くない / 全く良くない」の4種類なんだよね。

これの真ん中に「普通」があったら、今回の醤油カップヌードルは「普通」にしてたと思うけど、4つの基準から選べと言われると「良くない」でも「全く良くない」ではない。全然まずくないし、食べられないなんて酷いもんでもないから。じゃあめっちゃ美味しいというわけでもないから「非常に良い」でもない、すると残りは消去法になるけど「良い」になるかなぁ、という選び方になってそう。

西友マニアの人だったら愛用の定番品にしてもいいんだろうけど、うちのにする気分ではないかな、残念。

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

港屋とは?と、伊吹山盛麺<つけ麺>の原材料

昨日分に書いた港屋。これだけでは何がなんだかわからない人も多いだろう。

ちょっとオシャレなお店にして、麺ツユにラー油を入れ、肉・ネギ・ゴマ・海苔のボリュームを多めにして、タマゴ・天カス取り放題あたりがウリで、値段は850円という立ち食い蕎麦にはあるまじき価格設定。

ラー油とボリュームかな。


これだけの情報だけであれば昨日の記事に追記すればいいだけ、となってしまうので、2月に同様にインスパイアメニューを作った時のレシピを公開しようと思ってすっかり忘れていたので、この機会に公開する。

伊吹山盛麺<つけ麺>(速報)
伊吹山盛麺<つけ麺>を作るに至った背景
DSC00902.jpg

・業務用濃厚魚介豚骨つけ麺たれ1kg:900円(1食あたり@45円)
・削り粉末1kg:468円(@12円)
・いか入り天かす1kg:650円(うち1/3:220円分のみ使用)(@11円)
・フレッシュダイス(プレーン/豚脂)500g:398円(@10円)
・切り落としチャーシュー(冷凍)1kg:980円(うち1/2:490円分のみ使用)(@25円)
・ゆで玉子(味付)10ケ:398円(@20円)
・極太メンマ400g:398円(@20円)
以上、業務用スーパー・アミカで購入。

・トップバリュがらスープ(うち1/2:89円分のみ使用)(@5円)
・細もやし4袋:152円(@8円)
・トップバリュきざみねぎ:178円(@9円)
以上、ジャスコで購入。

・生ラーメン20玉:944円(@47円)
長浜市の製麺所で購入。

このつけ麺の一人あたりの食材原価は、212円也。であれば、味玉付きのつけ麺を700円でお店として提供するのも、アリだな。しかも原材料としてトップバリュとか一般家庭用を使ったりしてるくらいで、もうちょっと絞ることも可能だろう。今回は素人でも出来るように徹底的に既成品にもこだわっていたので、味玉とかチャーシューも調整可能だと思う。

加えて背脂を追加したのが濃厚というよりアブラっぽさが全面に出る結果となり、むしろやめて天かすだけに絞っても良さそうだった。

このレシピで、今度イベントに出店してみたいかも。なんかお小遣い稼ぎ、できそうな気がしてきたw

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

ラーメン二郎

いろいろあって放置すること約2週間。復活のリハビリがてら、ラーメン二郎の画像でも。池袋系なので本流とは微妙に異なるけど、まあよしとしよう。インスパイア系ではなく、紛れも無い本物の二郎であることには間違いないわけで。

【ラーメン700円+味玉子100円、麺半分・ニンニク・アブラ・カラメ】
shimbashi-jiro1.jpg
shimbashi-jiro2.jpg
shimbashi-jiro3.jpg
shimbashi-jiro4.jpg
shimbashi-jiro5.jpg

こっちの方で勝手に二郎風を名乗る店が勘違いしちゃってるのが、豚骨醤油にもやしを大量に載せれば二郎でしょ?なんて軽く考えられてしまっているのが多い。

でも、二郎は豚骨醤油ではないのだ。どちらかといえば、醤油ラーメンだと思う。キリッとエフゼットが効いてるからこその味だと。久しぶりに食べて改めて実感した。

今回は撃沈を避けるために麺半分というこれまでにない安全策をとったが、それでも結構ギリギリ。もう年齢制限を超えちゃってるのかもしれないけど、まだアブラ追加なし・アブラ少なめも控えているので、もう少しだけ二郎を食べられるようになりたいと思う。

ブタはこれまでの傾向と対策から、最後に食べて撃沈寸前になってしまったけど、一番最初から食べておけば楽、という説が隣で実践されて成功していたので、今度その方法を試してみたいと思う。

いずれにせよ、1年半ぶりぐらいに食べた二郎、美味しかった!

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

今年度上半期に食べた麺類(主にラーメンorz)

非常にモヤモヤした毎日。将来への不安というよりかは、現状に対する不満。志高く来たはずなのに、使えないのばっか。ああ、うざうざうざ。

書こうと思っているネタはあるのだが、気分が全く乗らない。そんなときにtwitterでカツカレーネタを10連発もくらい腹激減り状態に陥ったが、歯磨きし直すのが面倒であえて我慢。

そんな時こそ、傷に塩を塗り込むような追い討ち、だよね。

ということで急遽思いついて集めた4~9月に外食した麺類、ほぼラーメンだが、その写真を貼っていく。本当は1店1店記事にしたいとこだがもはや面倒くさすぎるのでこれで割愛することにする。

ん?誤用される言葉に割愛ってあったな。本来:惜しいものを手放す、誤用:不要なものを捨てる。ラーメンの写真なんて全く不要じゃないから、本来の意味でちゃんと使ってたんだな、よしよし。

【奥伊吹スキー場のごまラーメン:期待していったが普通のスキー場のラーメンだった】
DSC02190.jpg

【彦根のジョニーの二郎系:全然二郎じゃないけど、まあまあ美味しかった】
DSC02455.jpg

【↑のつけ麺。どっろどろで好きだった】
DSC02460.jpg

【突然呼ばれて放置された謎の打ち合わせで食べた焼きそば】
DSC02801.jpg

【刈谷に行く途中のつけ麺屋:王道の濃厚魚介豚骨】
DSC02949.jpg

【↑のまぜそば。たくわんが超いらない】
DSC02953.jpg

【日航豊橋の中華の上海焼きそば:奇跡的にまずかった】
DSC03019.jpg

【ガストのスパゲッティ:チーズましましで食べた。カレーバイキングが目的だったので適当】
DSC03156.jpg

【一宮あたりの讃岐うどん屋:これから街道沿いのチェーン店に目覚めた】
DSC03245.jpg

【↑の冷たいうどん。ああ、こんなんでもいいのかも、って開き直りというか、別に悪くなかった】
DSC03251.jpg

【米原と長浜の間の琵琶湖沿いのラーメン屋:頑張ってるのはわかるけど、全く惹かれなかった】
DSC03381.jpg

【↑同上】
DSC03383.jpg

【関西豚骨の雄、無鉄砲本店:むしろこっちの澄んでる方が美味しかった】
DSC03416.jpg

【↑本命の豚骨は期待したほどじゃなかった】
DSC03418.jpg

【ガストのワイルドだろ、なつけ麺:魚介がない豚骨つけ麺、美味しくなかった、麺のコシ0だし】
DSC03488.jpg

【草津の方の九州雄:期待を裏切らず美味しかった】
DSC03674.jpg

【↑どっちかが塩だっけな?どっちも良かった】
DSC03676.jpg

【長浜駅近くのコテツだっけな?美味しかった!スープがしっかりしてる。この辺でお勧めできる数少ない店】
DSC03709.jpg

【港屋インスパイアを作ってみた。麺茹でに失敗して傷心】
DSC03846.jpg

【花月がこの辺なくて愛知の方で見つけて入った、そんときのカレー。まあまあ美味しかった】
DSC03886.jpg

【けいすけの肉そばイメージだけど、ちょっと惜しかった。おいしいんだけどね】
DSC03890.jpg

【大垣の二郎系を食べに行って売り切れだったときかな。あっさり系はまあまあだった】
DSC04035.jpg

【↑豚骨はしっかりしてておいしかった】
DSC04037.jpg

【伊吹野そば:量が少なくて高い、それに麺つゆが関西風で薄い。自分には合わない】
DSC04141.jpg

【彦根の豚人だっけな?まあまあ美味しかった。こんなんで十分かも、って感じ】
DSC04269.jpg

【↑の二郎風。違くて普通の豚骨醤油だったけど、普通においしかった】
DSC04273.jpg

【弥富のイオン閉店セールで二郎系が休みだった代替の濃厚魚介豚骨つけめん、王道だね。好き】
DSC04517.jpg

【名古屋駅のきしめん。揚げたてでよかったよ】
DSC04564.jpg

【來來亭本店の味噌。こういう懐かしいのも好きだわー】
DSC04711.jpg

【↑ほとんど全部マシ。これもじんわり旨くて結構好き】
DSC04714.jpg

【弥富のリベンジ。岐阜の麺闘志が麺細くなっちゃったので最寄りの二郎風はここが一番。50km離れてるがorz】
DSC04747.jpg

【↑冷たいの。自分は好きじゃなかった。女性向けかな】
DSC04750.jpg

【関が原のファミレス風レストラン伊吹:普通のやきそば。ちょい甘めか】
DSC04868.jpg

【↑タンメン?こっちはじんわり出汁が効いててよかった】
DSC04871.jpg

【大垣の丸源?チェーン店のつけ麺。うーん、微妙、って前も同じの頼んで同じ感想だった気が】
DSC04880.jpg

【↑この甘いのがたまに食べたくなる。飽きるけど。でも嫌いじゃない】
DSC04885.jpg

【岐阜の麺闘志:麺が細くなってイメージ崩れた。非常に残念すぎる】
DSC04960.jpg

【↑回転とか経営考えたら仕方ないのかもしれないけど、ああ、もう行かないかな。。。】
DSC04963.jpg

【長浜の近江ちゃんぽん。普通に美味しい。ってか店広いしキレイだし野菜たっぷりだし、全然あり】
DSC05062.jpg

【↑夏限定のトマトカレー。悪くはない。一度食べたら二度目は要らないけど】
DSC05066.jpg

【浅井町の中華。食べログにまあまあな意見があったけど、完全業務用。残念】
DSC05082.jpg

【池田と岐阜の間の珍竹林。結構おいしかった。スープがしっかりしてると思った。業務用だったらごめんね】
DSC05218.jpg

【↑味噌。美味しかったのよ、期待に反して。よかった】
DSC05221.jpg

【大垣の二郎系リベンジ行ったら、ここだったか、隣の半島の漬物のせてる店は。全然二郎じゃないし、ダメ】
DSC05266.jpg

【濃厚魚介豚骨と思いきや東池袋風。甘酸っぱいのは嫌い。ここは豚骨がいいな】
DSC05268.jpg

写真をまとめるのに思ったより時間を要してしまったので、個別に触れずにおしまいにする。。。←と書いたけどせっかくなので一言ずつコメントを書いてみた。

ハズレルのが嫌なのでなるべく評判いいとこだけ狙ってるつもりが、この辺はアタリが少ない感じ。まあたかがラーメンに過度の期待自体が間違ってるのかもしれないけど、せっかくだったら美味しいの食べたいからね。

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

伊吹山盛麺<つけ麺>を作るに至った背景

先延ばししても仕方ないので、頑張って書く。

今回のつけ麺を作るに至った背景。こちらに来ていろいろ田舎料理をご馳走になって思ったのが、やっぱりあんまり好きではないということ。元々漬物が一切食べられないので、田舎の食べ物の半分は既に対象から外されてしまうのだが、こっちに来る前から和食はそんなに食べることがなく、いわゆる若者の食べ物と呼ばれるような洋風のものを好む傾向にあった。

それは地元の若い人に聞いてもそうで、普段は地域活動する際に、定年を迎えて時間に余裕のある高年齢の人と付き合うことが多いので「古くさい」食べ物と関わることが多いのだが、若い人は違ってた。たまたま住んでいる場所が田舎なだけであって、普段の生活スタイルは都会に住む人とそう大きな違いはない。なので食べ物の嗜好も自分とそう大きく異なることはなかった。

別に田舎料理を否定するつもりはなく、地域活動に取り組むみなさんの方向性に従ってこれまでお手伝いしてきて、今後もその発展形を目指そうとしている。地元の高齢なお母さんたち…おばちゃんたちだな、7,80代の人にかろうじて伝わっている地域の伝統食が、60代の通常、高齢者のカテゴリーにも含められる世代にすら伝えきれていない現状に地元では危機感を感じていて、なんとかそれを伝承できるようなきっかけづくりを次年度の活動の一つに位置づけている。

ただ、それだけではさらに若い世代、3,40代はまだまだ若い世代に位置づけられる地域なので、そのあたりの人にも地元の食材を活用した新しい、面白いものを提案・提供することでまずは地元に興味を持ってもらい、再発見してもらえるところまで運べればいいかな、とも考えた。

同時に、特にこの季節はそうだが、スキー場への来客者が相当な数、地元の道路を通り過ぎていくが、この人たちが今は単純に通り過ぎていくだけで何の接点も持たずに地元をかすっていく。これの一部でもいいので立ち止まってもらえれば、新たに人を呼び寄せるのではなく既にいる人をつかまえるだけなのでチャンスはとても大きい。

この人達に立ち止まってもらえるような料理を提供し、その素材として地元の人が育てたものを活用できれば、地元に新たなお金の循環が生まれることになる。なんとかそれを目指したいという思いを抱きながら、着任からもう1年が経とうとしていた。

しかし残念ながら自分は食べ歩く専門で、自ら調理する経験はない。だいぶ前に一人暮らしをしてた頃にたまに「男の料理」をするだけで、人様に料理を提供することはほぼ皆無に等しい。その代わりと言ってはなんだが、食べ歩いている件数は多めだと思っていて、また最新の流行とかの情報収集にも努めている方だとは思う。

こうした経験を活かすべく、新しい料理を自ら一から創り上げるのは困難なため、極力既製品の力を借りながら若い人達に好まれる料理を一度作ってみたいと思っていて、今回仲間の隊員の力を借りて試食の場を設けることができた。この機会を与えてくれたことにただただ感謝したい。

自分は食べ歩きの中ではラーメンを一番多く経験しており、その方向で進むことをまずは考えたが、いまのご時世、最先端の流行を歩むお店は独力でスープを骨から作り上げ人気店になっているが、かたやそこまで本格的ではなく既製品を使ってそこそこのものを作ってそこそこの人気を博している店も結構多い。顧客側としても全員が本格志向というわけではなく、ライトユーザー的立場の人が大きな比率を占めているので、ここを狙うことにした。

料理人ではないので本格的にはとてもできないが、既製品のレベルが相当向上しているいま、ライトユーザーには合わせられる味が作れる、とてもありがたい時代に今はなっている。今回使用した業務用スープは創味食品というメーカーの物をしようしたが、ここは業務用のラーメンスープの売上が好調で業績を伸ばしているほど、市場全体でも既製品の活用は進んでいるようだ。

今回目指すことにしたのは、NEXCO中日本のサービスエリア・パーキングエリアのなかで日本一の評価を得た、北陸道の米原と長浜の間にある神田PA下り線で提供されているつけ麺。No.1になったことを知り、徳島の軽トラ市に行った帰りに寄って食べてきた。SA・PAという来客者数が多いところで大量にさばくには、おそらく豚骨からスープをその場で炊き出すことはしておらず、既存の食材を組み合わせて作っているのではないかと勝手に想像した。

実際に食してみても、美味しいは美味しい。この味がPAで出てくるというのは予想外で、ほかもレベルが上がっている中では一つ頭を抜きでている印象だった。ただめちゃくちゃ美味しいかと尋ねられればそこまでではないというのが正直な感想で、これが街中のラーメン屋で出されたものであったら「普通においしい」という評価にとどまっていたであろう。

それはおそらく、個店で出されている手間暇かけられたものと比較すると大量生産的な味を感じたからであろう。多店舗展開しているラーメンチェーンが経営母体ということで業務用食材だけの組み合わせではないのかもしれないが、それはおそらくチェーン店の味とも言えるものを感じ取ったのかもしれない。

神田パーキングエリアの味には及ばないかもしれないが、それに近いものは作れそうと思ったのには、こうした背景が存在する。


このまま作り方まで解説しようと思ったが、パワー切れ。次の機会に回すことにする。

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

プロフィール

ibukijiro

Author:ibukijiro
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
最新記事
スポンサーサイト
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
761位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
100位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。