スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械化による文明の力の偉大さ

というほど大げさなものでもないが、小物をいくつか買ってものすごく便利になったよ、という小さな幸せのお話。


庭の水遣りに、昨年は水道水を使っていた。ジョウロで2杯分だったが、今年は畑らしきスペースを狭い敷地の片隅をフル活用して色んな作物を植えたので、水遣りするスペースが大きく拡大していた。

じょうろ2杯分とはいえ結構な水量になることに気付き(1杯6リットルくらいになる)、風呂水を利用できないかと考えた。風呂の窓下に大きなゴミバケツを置いて、そこに風呂水を貯めておいて、庭の水遣りに必要な時にそこからその都度ジョウロで汲み出す、という方法を実践してみた。

45リットルのバケツいっぱいの風呂水を全てまいてちょっと足りないくらいなので、畑面積の拡大に伴って必要な水の量の大幅に増えたもんだ。

この水を浴槽からゴミバケツに移す際に、風呂桶で汲み出していた。面倒くさかったけどまずは試しに、とスタートしたものの、ゴミバケツいっぱいにするのに風呂桶を24回くらいも運ぶ必要があり、実は結構な体力消耗になってた。いい運動なのかもしれないけど、日頃の運動不足もあり水汲みだけで疲れてしまうこともあり、何とか出来ないか対策を考えた。

最初は灯油の電動ポンプを使えないかと試したが、ポリタンクから隣の灯油タンクに移すだけの上下移動ぐらいの性能しかなく、浴槽から窓まで1m以上組み上げて窓下のゴミバケツまで落とすのは無理だった。

困り果ててしまったが、次に思いついたのは風呂の残り湯を洗濯に使うためのバスポンプ。これなら浴槽から洗濯機までの高さと距離を送り出すため、より強力なモーターがついているだろう、と。で、ザ・ビッグで1,300円くらいでホース付きで買ったのが、これ。

【バスポンプ】

これより新しい、EF-50という型らしい。

ヨドバシとかAmazonでもだいたい2,000円前後じゃないかな、ホース付なら。ホースが余って持ってるなら本体だけのを買ってもいいわけだし。

センタック(SENDAK)という社名がベタだなぁといつも思っていた(洗濯関連だからセンタックかよwみたいに)けど、創業者が千田さんだからそういう名前、だったみたい。失礼しました。戸越銀座にあるんだ。へぇ~。

このバスポンプを使ったら、ちゃんと動いた。しかも、ものの数分でゴミバケツが風呂水いっぱいになった。なんて文明の力は偉大なんだ。身体を動かさなくても簡単に水が汲める。たかが1,300円の出費で、ものすごく楽になった。こんなんが最初からわかってたら、1ヶ月以上毎日風呂桶を上げ下げしてた苦労なんてしなくても済んだのに。。。

おかげで朝夕2回の水遣りも負担が軽減されて出来るようになりましたとさ。うちのあたりはそろそろ本格的に秋モードになってきて、朝夕はむしろ冷え込むくらいの気候になってるから、もうそろそろ1日1回の水遣りで済みそうで、日中は暑さが多少残るものの植物が干からびてしまうというほどでもないので、水遣り自体もおしまいになりそうだけど、来年も苦じゃなくできそうだ。


これともう1つ、文明の力を感じたことがあった。

最近運転が下手くそなのか路面が荒れているのか何だかしらないけど、車のタイヤがパンクすることが多く、2本もダメにしてしまった。側面を傷つけてしまったので修復も叶わず、新品との交換という痛い出費が重なった。

タイヤはオートバックスとかイエローハット、ホームセンターなんかで買うよりもネットで買う方が送料含めても圧倒的に安く済むので、冬用のスタッドレスも含めて何度か購入しているが、それを脱着するのが一手間だった。

スタンドでバイトしてたこともあり、タイヤのローテーションは初めての車のときは愛情いっぱいに何度も行なっていた。でも車を乗り継ぐうちに単なる移動手段という意識が強くなってきてしまい、半年ごとの車の点検のときにディーラーにお願いするだけで自分ではしなくなっていた。

こちらに引っ越してからは雪の地域ということもあり、相当久しぶりに自分でタイヤ交換を行うようになった。そもそもスタッドレスタイヤ自体を買ったことすらなかったわけで。車についてるジャッキを使ってクルクルクルクル回して回してようやく車体を持ち上げて、固く閉められたボルトを足でガンガン緩めてはずして、ようやくタイヤ・ホイールを交換する。

4本分を1台だけやるならまだしも、これが複数台になると結構しんどかったりする。やはり日頃の運動不足のせいで4本交換を終える頃には息が上がるくらい体力を消耗してたりもする。それが雪が降り始めてから急遽やったりして、手がかじかみそうになりながら身体は熱くて、なんか惨めな思いもした。

よし、これも機械化しよう。オートバックスとかアヤハディオに行って見てたら、ジャッキは油圧式で簡単にポンプアップ出来るものがあるようだ。

【フロアジャッキ】

あー、なんて楽なんだ。必死の思いでグルグル手を回すんじゃなくて、軽い力で手を上下させるだけでクルマがみるみる上がっていくよ。あー、買って良かったー。本気でしみじみと思った。

確かに人間の力で無理すれば何とかできなくはない。でも頭を使って、多少の出費も必要だけど、その努力が無駄と思えるくらいに楽に出来る方法があるんだ。なんか田舎に移り住んで、半分サバイバルゲームのような住環境を改善するところから入った立場にいると、なんでも努力して頑張らないといけないんだ、みたいな気分になりがち。でも、いやいや時代は2012年。場所は田舎だけどみんな同じ2012年に住んでるわけで、何も2,30年も前の人がしてたような無駄な力を使わなくても済む時代に生きているわけだ。ちょっと考えがおかしな方向に行ってたようだ。

ホイールをボディから外すのに、強く締められたボルトを外すのも一苦労。でも、電動ドライバー(インパクトレンチって言うのかな?)ってのがあるんだよね。しかもクルマ作業用に12Vのシガーソケットから電気が簡単に取れるようになってる。

【電動インパクトレンチ】

あー、超楽ー。足でガッ、ガッ、ガッって無理に力入れることも全くなく、ちょっとスイッチを押すだけでキュイキュイキュイーンではい、あっという間に外れる。なんて楽なんだ。むしろ冬、早く来ちゃってもいいよ、速攻でスタッドレスに変えてやんから、みたいな余裕な気分。


もちろんブルジョワジーさんなら、庭の水遣りなんて水道水と自動スプリンクラーでちょちょいと済ませるか、召使にそもそもそんな下世話な作業は押し付けてしまえばいい。

タイヤ交換だってスタンドとか修理工場に持ち込んで、ハシタガネを渡して交換させたらいいさ。なんだったら面倒くさいので車ごと新車にパンクや雪のたびに乗り換えてしまえばいいさ。

そんな恵まれた立場にいるわけでもなく、またDIY、Do It Yourselfの言葉が示すように、自分でまずはやってみて、それ自体に楽しみを見出すようになってる人たちにとっては、苦行だけがその達成感を味わえる行為ではないので、機械を積極的に活用して多少らくするのもいいんじゃないでしょうか。


なーんて当たり前すぎることをお前はなんでそんなに力説してるんだい?と問われてしまうと何も言い返せないくらい、ちっちゃなちっちゃな日常生活での気付きの出来事でしたとさ。
関連記事
スポンサーサイト

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ibukijiro

Author:ibukijiro
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
最新記事
スポンサーサイト
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
102位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。