スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和食めん処サがミで、(多分)港屋インスパイアの「肉ねぎそばつけ麺」を食べてみた

「サがミ」という和食ファミレスを知っているだろうか。

相撲?じゃなくて相模、かと思っていたけど、京都の嵯峨の味でサガミ、しかもよーく見ると真ん中のガが平仮名になっていたりする、実は名古屋拠点の会社らしい。

【サガミチェーン】
http://www.sagami.co.jp

こっちに引っ越してから街道沿いとかでよく見かけてて、こっちローカルのお店かなとか思ってたら実は関東にも進出済みだったりして気づいてなくてスミマセン状態。逆に、味の民芸が関東メインで関西ちょろっとだったり、華屋与兵衛とんでんをこっちでは見かけない、の反対版みたいなものか。

どうしても和食ファミレスは高いという印象があって、基本4桁からでしょみたいなのが気軽に行くには躊躇わせるところで、藍屋やさとには贅沢気分の時じゃないと行けないけど夢庵だったら入れる、みたいな金銭感覚になるのが和食系。だったら別に和食に固執するわけじゃないので普通のファミレスとかラーメン屋でいいや、になるパターンがほとんど。

でも昔は相撲ナンバーの地域にいたこともあり、サガミという名前にはビビビとくるのでずっと気にはなってたので、先日勇気を出して行ってみた。

中は想定通りの普通の和食ファミレスだったのだが、メニューを眺めていたら気になるのがあった。

【肉ねぎそばつけ麺のメニュー】
DSC06804.jpg

タップリねぎとのりを絡めてピリ辛つけ汁でどうぞ、なんていうあたり、完全に港屋を意識してるでしょう。つい最近行ってきた港屋@愛宕の記事はこちら。他にグッと惹かれるメニューもなかったので、これを頼んでみた。

【肉ねぎそばつけ麺:950円(高い!)】
DSC06792.jpg
DSC06793.jpg
DSC06794.jpg

うん、狙いは港屋風でインスパイア間違いなし。ひょっとしたら港屋を直接パクったわけじゃなくて、一時期都内の居酒屋のランチ営業で雨後の筍のように増えてた港屋インスパイア店を真似たのかもしれない。路線は港屋なのだが、ちょっとずつ微妙に異なるのでインスパイアのインスパイアなんじゃないかと勝手に推察。

まず麺ツユが私の嫌いな煮干し系。そばはカツオどかーん醤油どかーんでしょうと信じている東京生まれなもんで、ここは絶対的に味が違う。ひょっとしたら名古屋の方にある店舗だったらお客の嗜好にあわせてカツオ系にしているのかもしれないけど。

あとは麺も違ったな。女性ならひょっとしたら食べ残しちゃうかもみたいな大盛り感覚ではないし、普通のざるそばじゃなくてちょっと田舎そば風なのが港屋流なので、エッセンスとしては港屋なのだが細部がにアレンジされているようなので、港屋を期待しちゃうとちょっと肩透かしなメニューかもしれない。

こっちの方でも麺つゆはカツオ系のも探せば多いので、港屋インスパイアは自宅で作るのが良さそうで。

港屋インスパイアの作り方。そばはちょい固めぐらいに茹でる。麺の上にごま大量、ネギ大量、海苔大量に載せて、麺つゆにはラー油をタップリと。以上。簡単でしょ。このラー油が決め手で、旨いんだから。エスビーの普通のラー油でもいいし、桃ラー・エスラーみたいな食べるラー油系でも美味しいよ。

【れんこん餅だっけな?】
DSC06801.jpg

弥富の方に向かうときにハスの畑が大量にあるな、と思ってたエリアの特産がれんこんで、確かそれを使ったスイーツだったと思う。お口直しに、美味しかったです。
関連記事
スポンサーサイト

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ibukijiro

Author:ibukijiro
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
最新記事
スポンサーサイト
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
561位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
70位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。