スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪を知らない地域の人間が、雪に戦いを挑んだ挫折の記録Part1

大島渚といえば、ボキャ天だろ。

あと、いろいろ忙しくて、楽天の期間限定ポイントを失効させてしまった。orz


さて、雪に関する常識を押し付けあうのは非常に頭の悪いことだと思ってて、ぷっ、東京はたったあんだけの雪で麻痺するってどうなんだよ、って嘲笑するのはホント自己中で恥ずかしすぎる。

だって、雪なんてそれこそまさに、十何年に一度のレベルでしか遭遇しないもんで、そんなものに万全の大作で備える事自体が非常識でしょ。除雪機買えとか聞いたけど、減価償却期間に一度使うか使わないかのもんだよ。それだけのために何億円だか知らんがコスト割けって、どんな産油国出身だよ。コスト意識を持てよ。何万台の車に一度役に立つか立たないかのスタッドレスを履かせる?エコとかロハスとかサスティナブルとか、いう言葉知ってる?

こういうのをほざく頭の悪い人たちってだいたい傾向として掴めるけど、反原発系の腐れ外道そのものだよね。多分東日本大震災以前は環境意識とかに敏感だったであろう人たちが、CO2とかすっかり忘れて原発なしでも火力で日本は生きられるとか平気で言い放つような図太い神経というか腐り切った脳味噌の持ち主たちであったと。

とりあえず目先のことだけにいちいち反応して生きていけるんだから、よっぽど幸せなお花畑の頭のなかなんだなぁ、と毎度のような見えない敵との戦いはこのくらいにしておくか。


そもそも雪に触れたことがなかった人間が、山のように降り積もる雪に相対して、それをどう克服するかを考え、試される自然に立ち向かい、そして見事打ち砕かれるまでの過程をこれから紹介していく。頭のなかで考え理解し、理論的にも難しいことは承知しながらも、感覚的に合点がなかなかいかなかったのを解消するための一連の企画。とくとご覧あれ。

なおこれを嘲笑する人がいれば、鏡を自分の前においてから笑ってね。いくらでも返してやるから。と、またシャドーボクシングに取り掛かってても仕方ないので先に進む。


【対雪Part1:お湯】
DSC07376.jpg

お風呂の残り湯をジョウロ一杯でどこまで雪と戦えるか。だいたい35度くらいのぬるま湯、それの持つ熱量と、雪が水に変わるのに必要な熱量、そして雪の面積・体積を計算すると無謀な戦いであることは容易に予想できる。だがしかしだよ、感覚的にだよ、冷たい雪に温かいお湯をかけたら、雪は溶けるでしょ。この感覚論を打ち砕くためにも、実践で体感することにした。

【雪山に対してじょうろ半分かけた。Before。】
DSC07378.jpg

【そして、After…orz】
DSC07379.jpg

ちょっと画角がずれたり、オートなのでホワイトバランスが異なってるけど、結論から言うと、えっ?なにか変わったというレベル。よーく見比べると、うっすらとシャーベット状になり、ほんのわずかに、ごく僅かにだが雪山がなだらかになった。恐らく数ミリ程度。


【そう、いきなりマックス効果狙うのではなく千里の道も一歩から、足元のちょっと踏まれて薄くなった部分に残りのジョウロ半分を注いでみた、Before】
DSC07380.jpg

【After…orz】
DSC07382.jpg

うん、さっきよりは断然効果の見える化に成功した。ほら、明らかに雪が溶けて下の石ころがよく見えるようになったでしょ。って、ギャグでも言えないレベルの雪の溶けようの無さに、わかっていたとはいえこの厳しすぎる現実を目の当たりにして、ヘヘッとこっそり笑うことぐらいしか出来なかったさ。


とここで予めまた別の見えない敵を叩いておくと、ナントカ知恵袋だか教えてナントカに同様の疑問を持った人が質問をした際に、雪はお湯で溶けるかと聞いたのに、お湯を撒いたらアイススケートになってけが人が出ますよ(キリッといった筋違いの回答をされてるのを見かけた。だいじょぶ、そこまで馬鹿じゃないから。人が通らないとこだったり、日中の太陽光で乾燥するような条件下でやることは当然のこととしてますから。なのに質問の回答になってないのを自信持って言わないでね。

うん、一時期検索結果からその類のサイトを全部消したのに最近またその機能がなくなっちゃったみたいで、嫌なのに目に入っちゃうのが悲しい。なんでバカだってわかってるのにバカを相手してやんなきゃならないんだってね。


うーん、あまりの溶けなさ具合に、完敗だね。浴槽一杯を運べたとしても、いったいどれだけの雪を溶かすことが出来るだろうか(いや、できない←昔やった文法みたいに)。でも一応これでスッキリはした。本当に出来ないことを実証できたから。

見たことのない、見た記憶がほぼない雪相手に、机上のお勉強だけじゃなくて実際にやってみて、体で覚えることも大切だ。と自分の深い傷をペロペロして少しでも癒そうとする努力だけはしておく。


なお、タイトルの通り、一応シリーズ化する予定のこの一連の動きは、雪に挑んだ戦記でもあり、既に明らかにしてるが挫折の記録でもある。

結局全部負けてしまったのでこうして日記に書くこと自体が本来は憚られることなのだが、自分以降に出てくるであろうおバカさんへの反面教師として書き残しておくのも重要だと勝手に思って、今後も書いておくことにする。
関連記事
スポンサーサイト

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ibukijiro

Author:ibukijiro
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
最新記事
スポンサーサイト
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
619位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
78位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。