スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊吹ラー油

今更ではあるけど、って今さらにもほどがありすぎるな。

最近ラー油に注目している。調べてみたら2009年の秋ごろに桃屋のラー油(つらそうでつらくない少しつらいラー油)が発売になりなかなか手に入らずにいたところに、2010年の春にS&Bが追随してラー油ブーム到来。そっからいろんなバッタモンやらが登場し、地域おこしの一貫として道の駅などで売られはじめたというのもご存知の通り。

でもその前に、石垣島ラー油があったことを忘れてはならない。むしろそっちこそが食べるラー油ブームの発端と言っても過言ではないだろう。

銀座のわしたショップで普通に買えたのも2006年ぐらいまで、その後は電話予約やらでしか買えない幻の商品となり、プレミア価格までついて販売される始末。いまだに普通には買えないみたいで、楽天で1250円+送料で出ているのが並ばずに探さずに買えるところか。

公式サイト見てみると、その原材料が載ってた。

島唐辛子   タイの唐辛子に負けぬほど辛い唐辛子です。独特の甘味があります。
ウコン    肝臓を元気にしてくれるクルクミンが豊富なスパイスです。
ピパーチ   別名「島コショウ」。家の周りの珊瑚の石垣に自生している島独特の香辛料。
石垣の塩   ずばり、石垣の海から作ったミネラル豊富な美味しいお塩です。
黒糖     沖縄のサトウキビからできた黒砂糖です。
ニンニク   ご存知ニンニクパワーは石垣島ラー油の名脇役です。
白ゴマ    風味はもちろんのこと、活性酸素を撃退してくれるゴマリグナンも参加!
黒豆     黒豆で作った味噌を使っています。
山椒     石垣で山椒は採れないので本場中国の西安から送ってもらっています。
食物油    オリーブオイルとサラダ油を混合して作っています。


ああ、なぜラー油に注目してるかだけど、書くと長くなるので、また気分が乗った時に回しとく。

で、この原材料というのが、地元の素材を使って身体にいい(と言われている)ものを使ってる。

これをこっちでも出来ないかなぁ、なんて考えていたところに、仲間のオバちゃんからヒントをもらった。

「薬草」

そう、ここ伊吹は薬草で有名らしい。何がどう?って調べるとこれが見事なまでにネット上に情報がない。パンフとかだったらたくさん地元にあるのだが。

それを使ってラー油できないかな。唐辛子はない。エリアを拡げて滋賀県でも見てみたけど、「杉谷とうがらし」というのがあるけどこれは京野菜みたいなもんかな?全然辛くないらしい。一方「弥平とうがらし」というのもあるらしいがこっちは激辛。これなら使える?

なんならうちで栽培するとか、もし本格的に需要が見込めるなら農家の人に生産をお願いしてみるとか。あ、もちろんお金をやり取りするちゃんとした契約を結んでね。( ̄ー ̄)ニヤリ こういう高付加価値が見込めて、生産に手間がかからなそうなのだったら、いろいろといいんじゃないかと。農業全然知らないんで違ってたらすまそ。

塩もあるのかな?海はないけど岩塩とか。砂糖は何か代用できそう、果実とかで。ニンニク・ゴマは無理かもしれないけど、味噌はある。山椒もあるんじゃないかな。葉っぱを食べろって勧められたことあるし。油はなさそう。

他に、蕎麦だとか何だとか試しても面白いかも。雑穀だけは絶対に入れないけど。絶対に、だ。面白そうではあるけど、心情的に断じて許せないから。

あとは旨みでエビ、干しえびも。これは琵琶湖で取れるらしい。

なのでまずは観光客みたいに地元の道の駅2つを回って、素材となりそうなものを探してみるか。
関連記事
スポンサーサイト

↑なんか押して(゚Д゚)↑

↓どれか押して(゚Д゚)↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 米原情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ibukijiro

Author:ibukijiro
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
最新記事
スポンサーサイト
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
89位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。